ジンは大雑把にいうと麦・大麦・ジャガイモなどの穀物から作られた蒸留酒、スピリッツの一種に分類されるお酒です。風味はそのままでは弱いのでカクテルの材料に使われることも多いお酒です。しかし、特徴が弱いということはほかの材料との相性がよいということ。リキュールのように甘くないので、オトナの男性に特に喜ばれるお酒です。ではジンベースのカクテルを紹介してみましょう。

ジンベースカクテル

カクテルグッズ

バー・スプーン、マドラー

どちらもかき混ぜるときに使うものですが、バースプーンはバーテン側がステアするときに使い、マドラーは客が混ぜるとき(ビルド)に使うのが一般的です。レシピをうちで楽しむ場合はバーテン役もお客も自分ですけどね。


シェイカー

バーでバーテンさんがしゃかしゃか振り回している奴ですね。シェイクするときの必需品です。値段もいろいろ用意されていますので、自分の技量に合わせて好きなものを選ぶのがよいと思います。


メジャーカップ

カクテルを作る時に欠かせない計量用のカップです。普通は大きさの違うお猪口が二つくっついたような形をしています。大きさなどいろいろ用意されていますが、30mlと45mlがセットになっているものを用意すると大抵のレシピで使えます。


ミキシンググラス&ストレーナー

ステアするときにバースプーンと一緒に用意しておきたいのがこのアイテム。ミキシンググラスに材料を入れてステアします。ストレーナーはそのミキシンググラスのふたに当たる部分で、氷などを使った場合グラスに入らないように使います。


アイス・トング

氷をつかむための道具です。氷が溶けた水がカクテルに混ざりこまないので、必要以上にカクテルが水っぽくなりません。色々な形があるのですが、先にはストッパーとしてギザギザになっているものがつかいやすいようです。


カクテルピン

これは、大きな爪楊枝・・・といったら失礼ですね。このカクテルピンに果実などを刺して、グラスに沈めるのに使います。要はおしゃれアイテムの要素が強いのですが、こういうのを使うとぐっとおうちのカクテルが本格的に見えてしまうのが嬉しいところ。


色々な種類のグラス

カクテルを飲むときはカクテルグラスが基本ですが、物によってはタンブラーなどの方が相性がいい場合もありますし、ベースとなるお酒に合わせて選ぶのも良いでしょう。例えばシャンパンを使うカクテルならシャンパングラスを使った方が泡立ちを楽しめます。慣れてきたら種類によって使い分けを考えてみてはいかがでしょうか?

カクテルバーセット 3PCS

ギフトBOXに入ったお洒落なシェイカーとメジャーカップ、様々なカクテルの割合がわかるバーマスターのセットです。贈り物にも喜ばれますし、自宅でカクテルパーティーを開いてもいいですね。お勧めの一品です。


ミキシンググラス 矢来 M 420cc

ステアして作るカクテルに使います。底に丸みがあるのでバースプーンでステアしやすい形になっています。切子模様が光に反射してきれいです。


アクリル カラフル マティーニピック6本セットM P-6-C

マティーニに飾るオリーブに刺すピックです。色もきれいでカクテルグラスにとてもよく映えます。


アイスクラッシャー

冷蔵庫にある氷を入れてハンドルを回すだけで、簡単にクラッシュアイスが作れます。カクテルだけではなく、アイスコーヒーやジュースに使ってもお洒落です。


ミキシングストレーナー M

ミキシンググラスとセットで使います。ミキシンググラスの縁にセットして、氷をおさえてカクテルだけをグラスに注ぐ道具です。バーテンダー気分を味わいたい人には是非お勧めです。


カクテルグラス 6個セット

クリスタルガラスでできたとてもきれいなカクテルグラスです。マティーニタイプをお洒落にアレンジしたデザインです。


カクテルグラス プラチナゾンビー 380ml 6個セット

どんな色のカクテルをそそいでもきれいに映えるカクテルグラスです。持ちやすくて扱いやすいグラスです。