日本酒「その他の日本酒」

日本酒とひとくくりに紹介するのは簡単なのですが、そこから少し詳しく説明していくととてもいろいろな種類があることに気づきます。生酒、原酒、古酒、大古酒などなど。どれもこれも紹介せずにはおけないおいしい日本酒たちなので、ここで一気に紹介してしまいます。どの日本酒もそれぞれの持ち味を持っていて、日本酒の世界の奥深さを感じてしまう逸品ばかりですよ。

その他の日本酒の特徴

生酒

火入れを行っていない日本酒のことです。(火入れに関してはにごり酒のページで紹介しています。)加熱していない分フレッシュで新鮮な飲み心地が特徴なのですが、殺菌していない分どうしても保存期間や保存方法に難があります。賞味期限以内に出来るだけ早く飲んでしまいましょう。最初から小瓶のものを購入するのもいいかもしれません。

古酒、大古酒

年月を置くと旨くなるのはワインやウィスキーに限ったものではありません。日本酒も上手に寝かせることによって独特の風味があふれ出します。古酒と呼ばれるには最低でも3年以上、大古酒と呼ばれるには100年は寝かせなくてはなりません。文献によると今までの最高の大古酒は249年寝かせたとか。江戸時代より寝かせ続けた名酒、一口でも飲んでみたいものですね。

原酒

日本酒は完成した状態では結構アルコール度の強いお酒なので、その分水を使って希釈します。これでアルコール度や飲み心地などを調整するのですが、こうした調整を胃一切行わないのが原酒です。濃厚かつアルコール度が高いのが特徴になります。

樽酒

杉の樽で貯蔵するから樽酒。そのままですね。日本酒を木の枡で飲むこともあるかと思いますが、その時いい香りと思いませんでしたか? 樽酒はさらに自然に溶け込んだ香りが楽しめます。

その他の日本酒の美味しい飲み方

それぞれが違うあじわいなので簡単に紹介してみます。樽酒はよく鏡開きみたいなイベントの時に飲まれますね。みんなでワイワイやりたいときにオススメです。原酒や生酒はこっそりと一人で楽しみたいもの。ただ、生酒は日持ちしないので飲みきれないと思ったら、みんなに振舞ってしまうのもいいかもしれません。古酒はほかのお酒を飲んだシメに飲むとピッタリです。どのお酒も冷やがオススメです。

その他の日本酒に合う料理

古酒はパンチが効いた味わいなので濃厚こってり物にもまけません。どーんとステーキや角煮などの肉料理などはいかがでしょうか。生酒は繊細な味わいを楽しみたいので野菜スティックや山菜のおひたしなど味わいを邪魔しないものを。原酒は濃くてアルコール度が強いので脂の乗った魚などにあいます。

オススメ酒器

酒器セットというものも販売されています。日本酒アイテムを持っていない人であればここからスタートしてみるのも良いかと思います。また、古酒などはちびちび楽しみたいので手になじむような徳利&お猪口セットなどもお勧めです。

雁木 純米無濾過生原酒 720ml

雁木 純米無濾過生原酒 1800ml

日本酒度+ 3 、酸度 1.8 のこの原酒はグレープのようなオリジナル性溢れる香りと、強烈な呑み応えが特徴です。少し辛口に分類されるこの『雁木』は冷と熱燗の差を選ばず、どんな状態でも私たちの喉を楽しませてくれる、オールマイティな原酒です。値段も非常にお手頃なので、まだ口にしたことのない方はこの機会に是非いかがでしょうか?

秋鹿 無濾過生原酒 山田錦80% 1800ml

日本酒度+ 8 、酸度 2.1 のこのお酒は原酒特有の味わい深さとキレが大きな特徴で、アルコール度数も 18 パーセント前後あることから、相当な呑み応えがあります。呑み方としては、冷やせば冷やすほどこのお酒本来の持ち味が発揮されますので、冷蔵庫などで気軽に保存できるのもメリットと言えるでしょう。

白木恒助商店 達磨正宗 十五年 ( 純米 ) 古酒  720ml

アルコール度数が 19 パーセント前後にまで達するこのお酒は、古酒特有の熟成具合が最高レベルにまで高められている名品です。その香りも中国の老酒に近く、食前酒としても料理のお供としても、両方楽しめる仕上がりになっています。オールドファンはもちろん、古酒を始めて楽しまれる方にも、是非一度は呑んでいただきたい一品です。

【百々登勢(ももとせ)】 十年 500ml

グラスにこのお酒を注いだ瞬間に広がるそのゴージャス感からして、もはや日本酒の範疇を越えているこの『百々登勢(ももとせ)』は、長期に渡る熟成期間が織り成す味わい深さで、多くのファンを唸らせている名酒です。口に含んだ時に酸味が織り成すコク深さは、きっと皆さんの喉を上品に潤してくれることでしょう。

黒龍 【火いら寿】 火いら寿 純米大吟醸  720ml

どんな日本酒ファンに聞いても、この『黒龍 火いら寿』はレベルが高いと皆さん一様に口を揃えます。日本酒独特の香り、その味わいの淡麗さ、透き通るような喉越しのなめらかさなど、全てにおいて非常に高い品質を維持しているのです。まるでキラ星のようなこの生酒は、ファンならずとも一度は口にしておきたい名品です。

生酒 八海山 しぼりたて原酒 生酒 1800ml

生酒 八海山 しぼりたて原酒 生酒 720ml

アルコール度数が 19 パーセントを超えるこの『八海山 しぼりたて原酒』は、皆さんの想像を決して裏切らないほどの、いわゆる「日本酒らしさ」にあふれたお酒です。キレの中にもほのかに漂う甘い味わい、喉をお酒が通る時に感じる存在感は、数ある生酒の中でもトップクラスです。日本酒好きを自称される方なら、一度は呑んでおきたいお酒です。

酒SAMURAI

酒SAMURAIトップへ