日本酒「吟醸酒・純米吟醸酒」

口に含んだ瞬間に広がる芳香。「花のような香り」と称される吟醸酒ならではの香り。これが吟醸酒、または純米吟醸酒の最大の魅力です。元のお米から6割以下にまで磨き、削り込んだお米を使った納得の一品。このクラスのお酒を飲むと日本酒って旨いんだなあと納得できると思いますよ。最近では日本酒ブームの牽引役にもなっている吟醸酒を試してみませんか?

吟醸酒・純米吟醸酒の特徴

吟醸酒は精米歩合が60%以下、つまり精米前のお米から60%の量になるまで精米をおこなったお米を使って作られたお酒で、さらに色合い・風味が良いものである必要があります。つまり、原料から仕上がりまで一定の基準を吟味されたお酒なので吟醸酒と呼ぶのですね。これに1割を超さない範囲で醸造アルコールを足したものを吟醸酒、醸造アルコールを足さずに米、米麹、水だけで仕上げたものは純米吟醸酒ということになります。

純米吟醸酒は濃厚なコクをもち、吟醸酒は後味がさっぱりとしたものに仕上がることが多いようです。これは飲む人の趣味によってどちらが好き、ということであってどちらがいい、とは言えないと思いますね。味の特徴は口に含んだときに広がる香り。純米吟醸酒ではやや濃厚な香り、吟醸酒では醸造酒特有の香りが加わって“お酒”らしい香りがします。

日本酒の辛口・甘口って?

日本酒のCMなんかでよく見られる甘口・辛口ってありますね。あれは日本酒度と言うものに依存しています。甘口は水に比べて比重が高く(重く)なるためにマイナス、辛口なら逆にプラス表記になります。これにプラス酸度・アミノ酸度などが加わり、甘口、辛口の評価がなされるのです。ただ、季節や飲む人間などによって評価は替わりますから、あくまで目安にした方がいいでしょう。

吟醸酒・純米吟醸酒の美味しい飲み方

吟醸酒(純米吟醸酒含む)の魅力はその芳香にあります。まずは冷や(10度前後)の温度帯で香りを最大限に引き出し、ゆっくりと香りを愉しむことをお勧めします。一杯、二杯と香りと風味を愉しんでみてくださいね。できれば最初の一杯はおつまみなしでチビチビと吟醸酒の旨さを愉しんでもらいたいと思います。

吟醸酒・純米吟醸酒に合う料理

やはり、香りを愉しみたい吟醸酒には肉などの脂が濃いものはあまりおすすめできません。日本酒の良いところとして生魚など、魚介類の臭みを気にしなくていいというポイントがあるので、ここは一つ魚の塩焼きなどはいかがでしょうか? 純米吟醸酒であればコクがあるのでやや脂のある天ぷらなどもよいと思います。

オススメ酒器

吟醸酒・純米吟醸酒はやはり冷やでじっくり味わいたいものですよね。そこで「ぐい呑み」などはいかがでしょうか? これに地炉利(お酒を入れる急須か土瓶のようなもの)をくわえれば、気分も盛り上がってしまって思わず杯がもう一回余計に出てしまうかもしれませんよ。地炉利の中には氷が別口で入れられてお酒が水っぽくならないよう工夫されているものもあってお勧めです。

十四代【吟選】播州山田錦1800ml 冷蔵

数ある『十四代』シリーズの中でもこの『播州 山田錦』は、そのほのかで温かみのある香りが最大の特徴です。味わいとしてはさっぱりと甘口ではありながらコクもあるので、あらゆる日本酒ファンのニーズに応えてくれることでしょう。一度口にすればヤミツキになるのが、『十四代播州山田錦』なのです。

菊姫 山廃吟醸

日本酒度+6、酸度1.3のこの『菊姫』は、口にした時のキレが強いので、本格的に「日本酒を呑んだ!」という気分にさせてくれるお酒です。加えて特徴的な芳醇な香りが鼻を楽しませてくれるので、1本で2度オイシイお酒と言うことができます。全国各地の日本酒通はもちろん、普通の日本酒好きな方が晩酌にクイっと1杯呑むのもオツな楽しみ方です。

九郎左衛門 無濾過 吟醸酒 泉氷鑑 香雪 1800ml

地酒の専門店にしか置いていないこの『泉氷鑑 香雪』は飲み口が柔らかいので、普段積極的に日本酒を口にしない方や、女性には特にオススメのお酒です。このお酒は酸味も程よく利いているので、白ワインが好きな方ならきっと気に入ってもらえるはずです。ちょっとしたパーティのお供に『泉氷鑑 香雪』は、最適なお酒なのです。

福司 吟醸酒 720ml

日本酒度+5、酸度1.3のこのお酒は淡麗でありながらコクの深さもあるので、どれだけ呑んでも飽きのこない仕上がりとなっています。北海道釧路にある蔵元が少数精鋭で手間隙をかけて作ったこのお酒は、地元以外では中々入手するのが難しいお酒の1つですが、日本酒のあるべき姿の1つを提示してくれていると言ってもよいでしょう。

天狗舞 山廃純米吟醸 1800ml

日本酒度+5、酸度1.4のこのお酒は、味わいとしては「淡麗・少々辛口」に分類されますが、そのフルーティな飲み口から女性ファンも急増しています。あまり主張しない香りと野生的なたくましさが同居しているこのお酒は、呑めば呑むほどクセになる心地よさが大きな特徴です。そのバランス感覚の良さは、料理やおつまみのおいしさをさらに引き立ててくれることでしょう。

純米吟醸 『南』 1800ml

日本酒度+6.5、酸度1.6のこのお酒は、なんと言ってもその重厚な味わいが最大の特徴です。フルーツを口に含んだ時のような、さわやかで甘美な香りからは想像もつかないほど、骨の髄まで染み込むような厚みを感じることができます。呑んだ後にも、まるでバイオリンの美しいメロディが最後まで耳から離れないかのような余韻を感じさせてくれる、今大注目の日本酒です。

竹泉 純米吟醸 山田錦 1800ml

日本酒度+4、酸度1.8のこのお酒は全国から選りすぐりの新酒を持ち合い、その出来を競うコンテストの常連である蔵元が、自信を持って世に送り出した一品です。お米自身の持つ純粋な酸味がお酒の味わいに躍動感を与えているので、一度口にすると「お酒を呑んだ!」という感覚を与えてくれます。

酔心 純米吟醸 1800ml

日本酒度+2、酸度1.5のこのお酒は軟水を使用している影響で、透明感のあるのど越しの中に深みを出すことに成功しています。『酔心』と言えば居酒屋さんやリカーショップの常連ですが、この絶妙なバランス感覚が人気の高さを維持している最大の原因でしょう。もしまだ1度も酔心を味わったことのない方がいらっしゃったら、ぜひ口にしていただきたいお酒の1つです。

酒SAMURAI

酒SAMURAIトップへ