日本酒「本醸造酒」

毎日日本酒を飲みたいと思ったときの強い味方がこの本醸造酒。ほかの日本酒に比べると飲み飽きなく、しかも価格もお手軽と言うのが嬉しいところですね。きつい香りが少なく、ほかの吟醸酒などが食後じっくり楽しむことに向いているのに対し、さらりさらりと飲めてしまう本醸造酒は食事を愉しみながら味わうのが最も美味しいのみ方かもしれません。いつもそばにおいて、気が向いたときに飲む気軽な飲み方をオススメします。

本醸造酒のの特徴

本醸造酒というのは70%以下の精米歩合を残し、そこに醸造アルコールを1割未満添加したお酒のことです。もしも特別本醸造酒であれば精米歩合をさらに60%未満にまで引き下げたものを使います。これでいうと特別本醸造酒にいたっては吟醸酒と変わらないほどの米を使っているのですね。

飲み口はさっぱりしていて、香りは吟醸酒などに比べると薄いものの、飲みやすくなっているのでかえって吟醸酒よりこちらの方が好き、という人も多いくらいです。お値段もリーズナブルなので普段着のお酒として、毎度飲むときにもってこいのお酒です。

精米歩合って?

稲を収穫しもみ殻を外したものがお米です。さらにこれから精米して余分な胚芽などを除いていきますが、このとき元のお米から何割まで削ってあるかと言うのが精米歩合です。例えば本醸造酒には70%未満の精米歩合が義務付けられていて、あとは削り取られます。つまり、精米歩合が高いということはそれだけお米のいいとこだけを使用するということですね。

ちなみに大吟醸酒を名乗るためには元のお米から50%、半分以上を削ったものを使用しなくてはなりません。ということは半分はつかえないのですね。これから考えると大吟醸酒がお高くなるのも仕方がありませんね。.

本醸造酒の美味しい飲み方

本醸造酒は普段愉しむお酒ということで、冷やか5度近くまで冷やした「冷酒」がオススメです。冬場はお燗しても良いのですが、出来れば室内を暖かくして冷酒を頂いた方がいいような気がします。本醸造酒はいろいろなタイプがあるのも特徴で、コクがあるタイプならお燗もいいでしょう。お燗する際は少し温まったかな? という低温お燗の方が合うと思います。

本醸造酒に合う料理

コクのある本醸造酒では油が強い料理にも美味しく飲め、お互いを引き立てます。肉料理、油いためなどがよく合います。軽いのみ口のお酒であれば魚介類が良いでしょう。脂っこくてもさらっと流せるのでムニエルやイカの炒め物など、油を使った魚介類料理に合います。

オススメ酒器

本醸造酒はやはり冷やで、くいっといくのがオススメです。そのためには徳利&お猪口セット、または透明なグラスがオススメです。お猪口でくいっと一杯、つまみをぱくっと行ってはまた一杯・・仕事の疲れを癒すのにこれ以上のものはないですね。

本醸造 本造り京極 名水酒 1800ml

日本酒度+4、酸度1.8のこのお酒は、なんと言ってもその呑み口の良さが最高です。それもそのはず、『京極』は北海道の澄んだ空気と、ニセコの名水が隠れた原料となっているので、仕上がり具合が非常に美しいのです。また、割合にお手ごろな価格で購入できるのも、日本酒ファンにとっては魅力のひとつではないでしょうか?

八海山 本醸造酒 1800ml

日本酒の代表選手のひとつに挙げられるこの『八海山』は、現代の日本酒乱生産の時代においてもペースを崩さず、高い品質を維持し続けています。その爽快感のある味わいはもちろん、後味の良さも特筆されるべき特徴でしょう。値段も手頃なので、あらゆる日本酒ファンの期待に応えてくれる名酒です。

一人娘 さやか 特別本醸造 1800ml

日本酒度+8、酸度1.5という数値が示す通り、このお酒は攻撃的と形容しても過言ではないほど辛口です。大抵の辛口のお酒は呑んだ後その余韻が尾を引きますが、この『さやか』は後味が爽やかなので、お酒好きな方にもそうでない方にも、たまらない一品です。長野の美しい自然が生み出したこのお酒は、最低でも一度は口にするだけの価値がありますよ。

嘉泉 特別本醸造 1800ml

日本酒度+1、酸度1.4のこのお酒は、なかなか店頭でお目にかかれない、正に幻の一品としてファンの間では良く知られています。その味わいは口の中で広がるような壮大さと、キレの良さが特徴的です。晩酌のお供にこの『嘉泉』を置いておけば、毎日家に帰るのが楽しみになるのは間違いありません。

磯自慢 しぼりたて本醸造 1800ml

日本酒度+4以上、酸度1.25のこの『磯自慢』は、「しぼりたて」と銘打たれるだけあって、その新鮮度は他を寄せ付けないほどです。味としてはやや辛口に分類されますが、呑み口の爽快感はバツグンです。季節モノの悲しさとして中々入手するのが難しいのですが、もし見つけたら迷わず購入してみる価値がある一品です。

上喜元 翁 1800ml

『上喜元 翁』の特徴を一言で表すとすると、その優れたコストパフォーマンスということになるでしょう。つまり、安いのにウマイのです。日本酒が好きな方にとって、これほどうれしいお酒も、珍しいのではないでしょうか?味としては呑んだ時に喉で感じる、重厚感がなんとも言えません。

醸し人九平次 吟醸 五百万石55% 1800ml

日本酒度+2、酸度1.6のこのお酒は、やや辛口ではありますが、多くの日本酒ファンを魅了し続ける懐の深さがあります。その控えめな香りとなめらかな舌触りはもちろん、お手頃な値段も大きな魅力です。いずれにしても安くておいしいこの『醸し人 九平次』は、ぜひとも皆さんに呑んでいただきたいお酒の1つです。

黒龍ひやおろし 本醸造原酒生1800ml

『黒龍 ひやおろし』の最大の特徴は、冷でも熱燗でもイケるという点です。冷ならピリっとした緊張感を、熱燗なら落ち着いた味わいを醸し出してくれるので、その日その日の気分によって、味わい方を変えることができるのです。このような日本酒はあるようでないので、たいへん貴重な一品と言うことができるでしょう。

酒SAMURAI

酒SAMURAIトップへ