日本酒「純米酒」

これこそ正統の日本酒といえる純米酒。一度は原料不足などの原因から衰退しかけましたが、今では米と水だけで作られた混じりけのない風味が見直されて、日本酒の中のエース級として認められ始めています。旨い米、旨い水。たったこれだけで作るからこそごまかしの効かない純米酒。濃厚でコクのある風味は一度はまるとやみつきになりますよ。

純米酒の特徴

純米酒はつまり水と米しか使っていないお酒のことです。日本人が古来より愛飲していた日本酒というのが今で言う純米酒のことです。しかし、戦後など米不足の折、水と醸造アルコールを足したいわゆる三倍醸造酒を日本酒と呼ぶようになり、もともと日本酒だった純米酒は日本酒の中の一種“純米酒”とよばれるようになってしまいました。現在では純米酒の定義は醸造アルコールを添加しないで米、米麹、水だけで作った清酒ということにされています。

純米酒の味は濃厚でコクがある風味が最大の特徴で、このコクはやはり純米酒ならではのものでしょう。“濃い”お酒ですが、まじりっけがないため醸造香という日本酒独特の香りが少ないので醸造香になれた人たちからは物足りない、飲みにくいということも言われていますが、ほんとうにいい純米酒であればそんなことはありません。濃さ・コク・香りをじっくり口中で愉しんだ後、飲み干せば意外とすっきりした後口に気づくことでしょう。

三倍醸造酒って?

三倍醸造というのは、元の日本酒からみて、3倍に薄めてしまったものです。もちろんそのままではアルコール度も香りもコクもあったもんじゃないので、そこに添加物(アルコールや香り付けの調味料(糖類)などを加えたもので、戦後の米不足に大活躍したお酒です。

純米酒の美味しい飲み方

純米酒はコクのある濃厚な香りと味が特徴です。これも本醸造酒同様冷やか5度近くまで冷やした「冷酒」がオススメです。コクがありどんな料理にも負けることがないので食中、つまり食事しながら愉しむのに適したお酒です。お気に入りのおかずと共にゆっくり愉しむのが純米酒を美味しく飲むコツだと思います。

純米酒に合う料理

コクがある純米酒は油料理でも美味しく飲めますから、肉料理、油いためなどがよく合います。また乳製品、例えばチーズなどにも合うのは日本酒の中でも純米酒がイチオシです。乳製品にあうということはバターにもあうので、バターソテーなどの濃厚な洋風料理にもピッタリといえますね。

オススメ酒器

純米酒は濃厚なコクが特徴なので、お燗するのにもってこいです。そこで、お燗セットはいかがでしょうか。お燗するための徳利&お猪口、いまではサーモスタットつきのものもあって、簡単に“人肌”温度が楽しめますよ。

千歳鶴 凍結濃縮酒 純米 ニ六(にいろく)500ml

日本酒度+2、酸度2.4と濃厚な辛口に分類される日本酒ですが、これまでの純米酒とは全然違います。一度、純米酒を冷やして水分だけを凍結させて、取り除きます。残ったアルコール分とお酒のエキスが濃縮されて、日本酒の味が凝縮されています。日本酒でありながら、氷を入れてロックにしたりお湯割や水割りにしても十分に楽しむことができるのです。今までの日本酒とはちょっと違うものが飲みたいと思ったら、是非この『千歳鶴 二六』を飲んでみてください。

白瀧 上善如水 純米酒 純米 1800ml

日本酒度-1、酸度1とやや甘口の日本酒です。軽い飲み口で日本酒初心者の人でも気軽に飲むことができる日本酒です。軽いので、スーッと飲みやすいですよ。アルコール度数も13〜14度と日本酒にしては低めです。日本酒の鼻にツンとくる感じが苦手だという人ならば、この上善如水を常温で飲むといいかもしれません。パッケージもカラフルで女性にも人気がある日本酒の一つです。

以津美(いつみ) 特別純米 生詰 1800ml

日本酒度+4、酸度1.6と辛口に分類される日本酒ですが、さらっとしていてほのかな甘みがあり、フルーティーです。甘さと辛さ、優しい舌触りでありながらキレが良いという、日本酒の旨さが複雑に広がります。『以津美 特別純米』は生産本数が少なく、手に入りづらいことでも知られています。飲むたびに新しい発見がある日本酒ではないでしょうか。以津美に合う料理はさっぱりとした和食はもちろん、味の濃い料理にもよく合います。

浦霞 純米酒1800ml

『浦霞』は、日本酒の中でも有名な銘柄ですよね。浦霞の純米酒は、日本酒度+1、酸度1.4と淡口甘口に分類されます。やわらかい飲み心地であまり辛さも感じないので、飲みやすい日本酒といえるでしょう。『浦霞』は純米酒以外にもたくさんの種類がありますが、どれも人気があります。日本酒初心者から、日本酒通の人まで『浦霞』シリーズは好まれています。

春鹿 超辛口 純米1800ml

日本酒度+12、酸度1.6と酒度だけを見るとかなりの辛口の日本酒に思えます。実際に飲んでみると、確かに辛さはあるのですがキレが非常によく、すっきりとした飲み心地です。コクもきちんとあり、それでいて素晴らしいキレをもっているという、面白い日本酒といえるのではないでしょうか。春鹿はどんな料理にも合うので食中酒としても人気があります。また、春鹿のシリーズには「超」辛口ではない辛口の純米酒もありますよ。

無手無冠 純米生の酒 1800ml

無農薬米と四万十川の湧き水を使って作られた日本酒がこの『無手無冠』です。日本酒の原料となる米が無農薬米ですから、米を育てるのにとても手間がかかります。そのため、この『無手無冠』という日本酒そのものをたくさん製造することができないのです。昔ながらの手法で作られたこの日本酒は食中酒としてオススメです。特に魚料理がよく合いますよ。

綾花 純米酒 瓶囲い 1800ml

日本酒度+3、酸度1.4のこの日本酒は瓶囲いで、じっくりと熟成されていてまろやかな味に仕上がっています。お米本来の美味しさが熟成によって、より一層味にふくらみが出ています。味そのものををじっくりと楽しみたい日本酒ですから、食中酒としてではなく肴と共に、日本酒の味を味わうのがオススメです。

あわ咲き 発泡純米酒300ml

近年は、日本酒の発泡タイプも人気がありますよね。この『あわ咲き』もスパークリング純米酒です。多くの日本酒はアルコール度数が高いのですが、『あわ咲き』はアルコール度数が 6%で、更に味もフルーツのような味がしてとても甘く感じられます。

食事中のお酒としてではなく、食前酒やデザート酒としてピッタリですよ。女性にも人気がある発泡純米酒です。

一ノ蔵 発泡清酒 すず音3本セット

『すず音』も『あわ咲き』と同様に発泡純米酒として知られています。なかなか手に入らないので、まだ飲んだことがない人もいるのではないでしょうか。私も過去に2度しかお目にかかったことがありません。日本酒度はなんと-80と非常に甘いお酒です。香りはリンゴのようで、何も知らずに飲んだらこれが日本酒だとはわからないのではないでしょうか?もちろん『すず音』も女性に人気の発泡純米酒です。

酒SAMURAI

酒SAMURAIトップへ