日本酒「にごり酒」

通常なら透き通っているはずの日本酒が透き通っていない・・・透明な酒に白い澱のようなものがただよっている、これがにごり酒です。これは本来ならば製造段階できれいにろ過されるところをわざと粗めの布でこすことによって素材の旨さを残したものです。そして火入れと呼ばれる作業をおこなわないために、さらに新鮮な味わいが残るのがにごり酒の良いところです。

にごり酒の特徴

にごり酒は発酵を終える寸前の“もろみ”をまったく漉さないか、もしくは粗めの布で軽く漉すだけにして、素材を生かしたお酒です。名前のとおり、澱が残るために白いにごりが残ります。その味は濃厚、甘口という感覚が強いものが多く、近年ではまれに見るブームを起こしています。

ほとんどのにごり種では火入れをおこなっていないために酵母菌が生きており、その作用によって発泡する種もあります。アルコール度も普通の清酒よりも高く、どっしりした飲み口とあわせて「飲んだ!」という気分にさせてくれること間違い無しです。

また、発泡系のにごり酒はシャンパンなのかと思うほど軽やかで、女性や日本酒が初めてといった人に人気が高いのも特徴です。

火入れって?

日本酒の作り方の工程の一つで、酵母菌によって充分に発酵が終了した後で加熱をおこなうことで殺菌し、それ以上の発酵と雑菌の繁殖を抑えることを火入れ(または火当て)といいます。この火入れを行わないお酒を生酒といい、にごり酒もこの一種に含まれます。新鮮な味わいが楽しめる一方で、殺菌をおこなっていないので保存方法が難しいのが特徴です。

アルコールには雑菌を抑える力があるのですが、日本酒の5〜10%程度では完全には抑えられないので要注意。せっかくの名酒も保存一つでまったく違うものになってしまいますよ。

にごり酒の美味しい飲み方

にごり酒は大半が濃厚、甘口なので5度前後に冷やして飲むのが美味しいと思います。日本酒のシャンパンと呼ばれることがあるように、日本酒として飲むよりはワインやシャンペンと同じように飲むのもよいでしょう。冷えたにごり酒を愉しむために、手の熱が伝わりにくいような容器を使用するとなお美味しく楽しめます。

にごり酒に合う料理

にごり酒は色々な料理に合います。発泡するものであれば食欲も促されますし。ということで魚料理などは定番として抑えるとして、意外なほどにチーズ系、乳製品にもあいます。その他にもワインがあう食べ物であれば大抵はお勧めできてしまいます。

オススメ酒器

にごり酒の白い淡雪のような感覚を愉しむのであれば、透明なグラスやぐい飲みがオススメです。こうした透明な器にそ〜〜っと白濁したにごり酒を流し込み、中で踊る淡雪を楽しみながらくいっと一杯。これが正統なにごり酒の楽しみかもしれません。

華鳩 貴醸酒 生にごり酒中汲み 500ml

日本酒度− 40 、酸度 2.6 のこのにごり酒は、貴醸酒のにごり酒という非常に珍しい一品です。その日本酒度が示す通りかなりの甘口なのですが、単に甘いのではなく艶かしさと上級な風味が一度に楽しめます。貴醸酒特有の濃厚さと爽快感は、呑む人全てをトリコにしてくれることは間違いありません。

久保本家 生もとのどぶ火入れ にごり酒 1800ml

アルコール度が 17 パーセントを超えるこのお酒は、にごり酒特有の「お酒感覚」はもちろんのこと、味わい深さがありながらも後味が残らないという、不思議な感覚を与えてくれます。それもそのはず、蔵元がこのお酒にかける情熱は尋常ではなく、その製造風景はストイックそのものと言っても過言ではありません。

澤乃井 梵  720ml

蔵元がその醸造技術の全てを結集して作ったのが、この『澤乃井』です。非常に芳醇な香りが鼻を、ピリ辛感が喉をそれぞれ楽しませてくれます。特にその香りの高さは特筆モノで、一度口にすればまるで美しい花畑の中にいるような感覚を味わうことができます。奥多摩の名水が育むこのにごり酒は、女性の方にもおススメの一品です。

悦凱陣 「興」純米吟醸 うすにごり生原酒 720ml

この『純米吟醸 興』は香り・旨み・呑み応え・味わいの全てにおいて、非常にバランス感覚の優れたお酒です。加えて見た目もにごり酒でありながら、そのにごり方に何とも言えず透明感があるのです。そのお手頃な価格設定と共に、幅広いファンのニーズに応えてくれる、正ににごり酒の入門書的な一本です。

獺祭(だっさい)にごり酒 1800ml

この『獺祭 ( だっさい ) 』というにごり酒は以前まで季節限定のお酒でしたが、あまりにファンの方の間で評判が高かったため、一年を通しての販売に変更になったという一品です。にごり酒が通年体制で製造される例は他にはあまり見られませんが、その爽快感のある香りと旨みは、現在でも変わらず高いクオリティをキープしています。

美丈夫 吟醸 うすにごり生酒 麗 1800ml

日本酒度+ 5 、酸度 1.4 のこのにごり酒は、にごり酒でありながらそのフルーティな味わいと新鮮味あふれる喉越しで、今人気急上昇中のお酒です。またこの『美丈夫』の持つ発泡性も、喉越しの良さに拍車をかけています。女性の方でもスンナリと口にしていただける仕上がりとなっていますので、どうぞ一度お召し上がり下さい。

 

神亀 純米 生にごり酒 1800ml

この『神亀』も発泡性のにごり酒ですが、口の中でのお酒の躍動感は群を抜いています。まるでにごり酒のモロミが、口の中で激しくダンスをしているかのようです。そのせいか味わいに強烈なキレがあるので、お酒としての重厚感をタップリと感じることができます。それでいて爽快感もあるので、ゴクっと呑んでスキっと爽やかな気持ちになれる、楽しいお酒です。

四季桜 冬の華 にごり生酒 1800ml

この『冬の華』はその名が示す通り、冬季限定で販売されているにごり酒です。つまり販売直後の段階では「新酒」という事になりますが、この状態で口にすると野生的な味わいを楽しむことができます。うって変わって少しの間( 2 〜 3 ヶ月程度)冷蔵庫で寝かせると、味に安定感が出てきます。 1 本で 2 度オイシイ、非常に深みのあるにごり酒なのです。

酒SAMURAI

酒SAMURAIトップへ