芋焼酎

焼酎と言えば薩摩焼酎というイメージが根強いのではないかと思うほど、焼酎界に君臨する芋焼酎。一言で言うなら「濃厚」な風味、クセはあるけれどはまってしまうとなかなか抜けられない独特の味わいがあります。もちろんただ濃いだけではありません。お湯割り・ロックなどで口に運ぶたびに複雑な旨み・香りが口の中で花開くのです。さあ、一度はまるとやめられない、芋焼酎の味わいを試してみませんか?

芋焼酎の特徴

芋焼酎は何しろ濃い! のが特徴です。芋と言う原料が作りだす濃厚な風味はほかの焼酎には真似できないところでもあります。半面、クセがつよく飲む人を選ぶようなところが弱点だったのですが、現在ではクセも少なく純粋に芋の素材を楽しむことが出来るような芋焼酎も増えてきました。濃厚な風味を楽しみたい人や、洗練された味わいを求める人などなど飲む人の好みによっていくつもの選択肢がある自由度の高さも芋焼酎の特徴でしょうか? 一口ごとに立ち上る芋焼酎の香りは杯が進むこと間違い無しです。もしもストレートがきついようならお湯割りにするとまろやかになりますからご安心。なお、芋焼酎の名産地は鹿児島や宮崎などですが、各地でさつま芋の名産地が芋焼酎業界? に参入してきています。ただでさえ種類の多い芋焼酎にますます選択肢が増えてくるわけで、こういうのを嬉しい悲鳴というのでしょうか?

 

薩摩焼酎

薩摩で作られる芋焼酎は世界貿易機関から特に「薩摩の芋焼酎」と名乗ってよし、というお墨付きを与えられています。もちろん無条件なわけではなく、きっちりとした基準を満たしたものだけが晴れて“薩摩焼酎”を名乗れるのです。ブランドイメージに傷がつくことがないように丹念に仕事された薩摩の芋焼酎。ぜひお試しあれ。

芋焼酎の美味しい飲み方

芋焼酎は濃厚、香りが強いのでお湯割にしてさらに香りを楽しむか、ロックで冷やして香りを抑えるかはその人のお好みでどうぞ、としかいえません。ここではほかの焼酎共通のこだわりのお湯割りの仕方を紹介してみましょう。前日から焼酎6、水4で割っておいた焼酎を翌日お燗してゆっくり温めていくと、まろやかな風味が楽しめます。癖の強い芋焼酎では特にオススメの飲み方になります。

芋焼酎に合う料理

濃厚な芋焼酎は油にもあう! ということで芋焼酎の本場薩摩のさつま揚げなどは特にオススメとなります。同じ芋ですしね。同様に黒豚も美味しいおつまみになりますよ。ちょっと変わったところではチーズなども美味しいのですが、この場合はフレッシュ系のチーズの方があうようです。ほかには九州名産・きびなごの刺身に芋焼酎となれば九州男児垂涎のおつまみですね。

オススメ酒器

芋焼酎は味が濃いのでお湯割りにするとまろやかに楽しめます。千代香(ちょか)や徳利などで優しく燗をして繊細に楽しむのもよし、琉球グラスの透明な色合いに酔いながらロックで楽しむのもまたよし。特に黒千代香の形は鹿児島名物桜島の形から取ったのだそうで、薩摩焼酎を楽しむなら揃えてみたい酒器ですね。

 

紅さつま仕込み芋焼酎 極の赤 25度 720ml

紅さつま芋を原料に黒麹で仕込まれた、すっきりとした味わいの芋焼酎です。ロックで飲むとほのかな芋の香りが楽しめますし、お湯割にすれば芋本来の風味を楽しむこともできます。 1 年に 2 回の季節限定の出荷ですので、是非この機会にお楽しみください。

18年初収穫蔵出し新酒 黒丸 720ml 25度 芋焼酎

さつま芋は、毎年夏から年末にかけて一度だけの収穫が許される野菜です。今年も立派なさつま芋「黄金千貫」ができました。出来立てほやほやのこの時期にしか楽しめない、おめでたい焼酎「黒丸」ヌゥーヴォーの若々しい香りとスッキリした味わいを是非ご賞味ください。

六代目百合 1800ml 25度 芋焼酎

甑(こしき)島は薩摩半島の西38キロに位置し、そこで作られる白さつま芋と、島特有の天然水で蒸留された「六代目百合」は、薩摩半島ではできない独特の芋の香りと、甑島でしか出せないどっしりとした味わいです。ロックでもお湯割りでも存在感充分な風味です。最近人気急上昇中の焼酎です。

指宿 五人番 25 度  1800ml

焼酎通の間では評判の中俣合名の芋焼酎「五人番」です。発酵に黒麹ゴールド菌を使い、細心の注意をはらった、丁寧な仕事は黒麹の豊かな香りを存分に味わえます。南さつま黄金千貫の風味とあいまって、芋焼酎独特のフルーティーな口当たりと、ロック、お湯割り、ストレートと飲み方を選ばない仕上がりになっています。

薩摩焼酎 小鶴黄麹  25 度  1800ml

清酒に使われる黄麹をあえて使いながらも、芋特有のフルーティーな香りを存分に引き出すことに成功した小正醸造渾身の1本です。黄麹だからこそ出すことができた、あま〜い芋の香りと、とろっとろの喉越しは他の芋焼酎では味わうことができません。まずは一口ストレートでどうぞ! 次にお湯割がお勧めです。