米焼酎

日本が誇る米文化、日本酒と同じ米を元に作られた焼酎がこの米焼酎。芋焼酎ほど癖がなく、麦焼酎よりも濃厚な味わいを持つ米焼酎は多くのファンを持つ代表的な焼酎と言えますね。もう、男は黙って米焼酎。淡々と注ぎ、淡々と飲む。そういった渋い飲み方が絵になるお酒だと思います。今夜はお気に入りの米焼酎をぐいっと飲んでみませんか?

米焼酎の特徴

米焼酎は、日本酒と同じ「米」を主原料にしたお酒です。飲み応えは日本酒と比べて濃厚な味わい。日本酒よりも野趣あふれたお酒と言い換えてもいいかもしれません。上で述べた「男の酒」といったイメージはそこから来るのかもしれませんね。いや、もしかしたら米焼酎の名産地である熊本の「肥後もっこす」(頑固で一本気な熊本男を指す言葉)からなのでしょうか? 一口飲んでみれば一本スジの通った焼酎の風味が楽しめるはずです。こういった焼酎はほとんどが乙類であり、原料である米の風味が充分に生きているのが特徴です。なお、名産地は先ほども言ったとおり熊本県なのですが、その他に日本酒の名産地、つまり米の旨い地方ではこの米焼酎をよく作っています。原料の味がよくのこる乙類焼酎では米のよしあしがそのまま焼酎の出来にかかわるので、こうした地方の焼酎が旨くないわけはないですね。歴史は熊本には及ばないかもしれませんが、「旨い焼酎」は確実に作られているのです。

球磨焼酎について

ワインが産地や製法などを細かく決められ、基準に満たないものは○○ワインと呼ぶことを認めないというお話を聞いた事があるかと思います。実は米焼酎にもそういったブランドがあるのです。それが熊本の球磨焼酎。厳しい基準に守られた本格米焼酎の味わいを楽しんでみてくださいね。

米焼酎の美味しい飲み方

まずは自分が好きな焼酎を探すのですが、あなたが日本酒好きなら米焼酎から入ると焼酎の世界になじみやすいかと思います。米焼酎を美味しく味わうには温度。冷やすのであれば氷で一気に冷やします。食前酒にはきゅっとクラッシュアイスで冷やしたもの、食事中はロックがオススメです。食事を摂らずに米焼酎をゆっくり楽しむのなら、焼酎サーバーや徳利ごと冷やして小杯やお猪口で味わってみるとよいでしょう。

米焼酎に合う料理

米焼酎や日本酒のすばらしいところは生臭いものすらさわやかに飲ませるところです。日本特有のウニやら塩辛、するめなどの海産加工品を相手に回しても生臭みをけして旨くさせてしまう。これは日本人という魚好き文化から生まれたすばらしいところです。ワインやウィスキーももちろん旨いのですが、和食なら焼酎。やはりこれがオススメです。

オススメグッズ

焼酎を本格的に楽しもうと思えば欠かせないのが焼酎グッズ。グラスにロックで楽しむのなら大ぶりのグラスを用意するのも良いでしょう。じっくりと本格米焼酎を楽しむのなら、おちょこに“じょか”でチビチビとさしつさされつというのも楽しいものですよ。

 

鳥飼 吟香 720ml

15年の歳月をかけて研究開発された本格米焼酎「吟香・鳥飼」は、焼酎でありながら吟醸酒のような香りが特徴です。果実のような甘い香りと、軽い口当たりがあいまってとても飲みやすい米焼酎に仕上がっています。日本酒好きの方にも自信を持ってすすめられる1本です。

古代一壷 100%古酒 38度 720ml

独特の風味と貫禄のある舌触りが格別です。口に含んだときのほのかな甘さと柔らかい舌触りは、まさに焼酎界のスコッチと呼ぶにふさわしい風格を漂わせます。あえて100%古酒にこだわっている訳は社長いわく「10%のブレンドでもバランスは壊れてしまうとです」こだわりの1本を是非ご賞味ください。

球磨焼酎 しろ 25度 720ml

癖が無くピュアで透き通るような飲み口が特徴的です。樽貯蔵していないため、ほのかな甘い香りとスッキリした味わいで、焼酎ビギナーの方にもすんなり飲めてしまう焼酎入門用に最適な1本です。テレビ焼酎のスッキリした味とのギャップが楽しい米焼酎です。

球磨焼酎 かなた 21度 720ml

地下80メートルから汲み上げた地下水を使用することで、米本来の風味と麹のさわやかな香りが特徴の米焼酎です。曇りガラスの可愛いボトルを開けると、リンゴにも似たフルーティーな香りに、驚きにも似た感動を覚えます。口に含むとソフトで切れのある口当たりはまさに女性向の米焼酎と言えるでしょう。

球磨焼酎 霧の魔法 25度 720ml

地元、人吉盆地で作られたお米ヒノヒカリと、急流球磨川の水にこだわって作られた長期熟成現代酒に、20年以上もの間オーク樽で寝かせた古酒を絶妙にブレンドすることで、個性的な香りとマイルドな口当たりを実現しました。九州のスコットランドとも言われる球磨地方ならではの、果実のような香りとキレのある味わいは球磨焼酎オリジナルの持ち味です。