麦焼酎

麦を原料にしたお酒といえば麦酒とも呼ばれるビールを想像しませんか? しかし、ビールに使われる麦は麦芽と呼ばれる発芽した麦を使用するのに対して、麦焼酎では発芽前の麦を使います。そのため麦芽から作られるビールに比べると柔らかく、すっきりとした飲み心地が特徴です。焼酎独特の「濃さ」が気になる人は麦焼酎から始めてみませんか?

麦焼酎の特徴

麦焼酎最大の特徴はクセの少なさです。そのためアルコール度数が高い蒸留酒、例えばウィスキーやリキュールと比べると食事中に飲むことを楽しめる焼酎と言えますね。ウィスキーがつまみをチビチビやりながら飲むのと違い、麦焼酎は食事を楽しみながら飲める、ワインのような位置づけに近いお酒だと思います。しかも、生や塩蔵の魚介類といったワインが苦手とする食品にも合うのでより日本人向けのお酒といえますね。また、クセが少ないと言うことは女性や始めて焼酎にチャレンジする人たちにも飲みやすい焼酎と言えるでしょう。主な生産地はやはり九州地方。特に大分県や長崎県は名産地として知られています。また、食中ではなく焼酎そのものを楽しむのであれば、お湯で割ってちびりりびりと口中で味を膨らませる、高級ワインのような楽しみ方も出来ます。

壱岐焼酎

長崎県壱岐地方で作られる麦焼酎には製法・製造地域・原料などを特に限定した壱岐焼酎と言うものがあります。米焼酎の球磨焼酎や芋焼酎の薩摩焼酎などと並んで世界貿易機関によって産地表示を保護されると言う、いわばお墨付きを貰ったものですからその品質は保障済み。“壱岐の麦焼酎”とラベルにあれば期待してよし! ですね。

麦焼酎の美味しい飲み方

麦焼酎はクセが少ないと書きましたが、これは暖めても匂いが少ないということ。焼酎で良く言われるロクヨン(焼酎6、お湯4)に割るお湯割りも飲みやすく、美味しいと思います。お湯で割るときはお湯を先に入れ、ゆっくりと麦焼酎を注ぎます。かき回さなくても自然にまざって行くので一呼吸おいてから楽しむと良いでしょう。あわてると香りが損なわれますよ。

麦焼酎に合う料理

お湯割りにすると淡白な麦焼酎に複雑な旨みが加わります。こうすると脂っこいおつまみにも負けないほど濃厚な風味を楽しめます。「郷土のお酒は郷土の料理に合う」という言葉通り、きらすまめしといった郷土料理から始まり、大分特産の関サバなどといった重厚な風味にも決して負けませんし、充分に旨みを引き出してくれます。

オススメグッズ

麦焼酎(まあ別にどの焼酎もですが)はお湯で割ることでさらに旨み、香りを引き出されると言います。もしもお湯わりにこだわるのならば黒千代香(くろじょか)といった、お燗に使うと風情のある酒器、香りをより楽しめる猪口などに請ってみるのも楽しいものですよ。なくてももちろんかまいませんが、少しずつコレクションしてみては?

 

舞ここち 25度 1800ml

華やかな香りとマイルドな口当たりの麦焼酎です。モンドセレクションで3年連続金賞受賞さらに2006年モンドセレクションでは大金賞を受賞しました。まさに麦焼酎界の王者ともいえる「舞ここち」ですが、お手ごろな価格で誰もが気軽に楽しめる、焼酎ビギナーにも安心してお勧めできるそんな1本です。

百年の孤独 720ml

宮崎県黒木本店の大ベストセラーの麦焼酎です。原料は宮崎県産大麦にこだわって、畑も指定するこだわりようです。近代的でありながら伝統の木桶蒸留器や樫樽での熟成をする工場では、ウィウスキーにも似た芳醇な香りとまろやかな口当たりの贅沢な一品が造られています。

閻魔 長期熟成 むぎ焼酎25度 1800ml

工場の目の前にある麦畑から取れた新麦を、今年新しく入れた蒸し器で蒸すこと約2時間、ちょうど良い温度まで冷まし麹種を投入します。その後4週間熟成発酵させ、その後オーク樽で3年間熟成され琥珀色の閻魔が仕上がります。

特蒸泰明720ml
限定流通商品

無農薬栽培の二条麦ニシノチカラにこだわって、全て手作業で作られた本格麦焼酎です。癖の無さが売りの麦焼酎の中にあって、その存在感は他の追随を許しません。麦本来の香ばしい香りと、どっしりとした飲みごたえは、麦焼酎のイメージを本来のものへと変えることでしょう。

舞香 720ml 藤居醸造

大分県南部の村でひっそりと丁寧に造られた麦焼酎です。無農薬による麦の栽培から収穫、木桶での麦とぎ、むろによる麹造り、すべて手作業で造られ、3年間熟成されたその香りは、まるでチョコレートのような甘くてコクのあるものに仕上がっています。飲みごたえも充分で、個性的な味わいを楽しむことができます。