ワインの種類

ひとことで『ワイン』と言っても様々な種類があります。代表的なのは、赤ワイン・白ワイン・ロゼ・スパークリングワインですが、その他にも数多くのワインがあるんですよ。

ページトップへ戻る

ワインと共に手に入れておきたいワイングッズ

ワイングッズ

ワイングッズ

楽しく美味しくワインを飲みたいなら、ワイン選びだけでなくワイングッズのことも考えなくてはいけませんよね。まだワインにあまり詳しくない人にとってのワイングッズといえば、やはりコルク抜き(ワインオープナー)ですよね。でも、これ以外にもいろいろなワイングッズがあるんですよ♪便利でより美味しくワインを飲むため、そしてテーブルにあると雰囲気も一層盛り上がります。

詳しくはコチラ!ワイングッズ

ページトップへ戻る

知っておきたいワインの産地

現在、ワインは世界中のいろいろな地域で作られています。これは、17〜18世紀にかけてヨーロッパの各国が海外に植民地をつくると、そこにぶどうを植えたためです。アメリカや南アフリカ産のワインが現在あるのは、この時代からなのです。それほどワインはヨーロッパの人々にとって、とてもなじみ深い飲み物だったのです。

フランスワイン

フランスワイン

私たち日本人にとってワインといえばフランス産というほど有名なのがフランスワインです。実際のワイン生産量は世界第2位なのですが、ボルドーやブルゴーニュなどの産地名が良く知られています。フランスワインの産地の名前は法律で細かく分けられているため、とても種類が多いのが特徴です。

イタリアワイン

イタリアワイン

実は、ワインの生産量はイタリアが世界一多いんですよ。イタリアの人は日常的にワインを飲んでいることもあり、ワインの銘柄だけでも260種類以上もあるのです!日常的に飲まれているためか、ワインの価格もお手頃でしかも飲みやすいですよ。ワイン初心者の人にオススメです♪

チリワイン

チリワイン

近年、フランスのシャトーもチリに進出するほどの良質なワインが造られています。低価格でありながら、有名ワインにも引けをとらないワインなので、たくさんの種類のワインを味わってみたいという人にもオススメです。

ドイツワイン

ドイツワイン

ワインの生産量があまり多くないため、あまり飲んだことがいないかもしれませんね。ですが、ドイツワインは日本の料理にも良く合うことで人気があります。ドイツワインが好きという人はなかなかのワイン通ですよ!価格がちょっと高いので、『ちょっと特別な日』やギフトとして購入する人が多いのも特徴です。

南アフリカワイン

南アフリカワイン

南アフリカと聞くと、暑い地域で栽培されていると思ってしまう人もいるのですが、実際にぶどうが作られているのは、かなり南側で南極が近いため涼しい地域です。ワイン初心者にとっては、なかなか手が出しにくいかもしれませんが、低価格で飲みやすいワインが揃っているんですよ。

スペインワイン

スペインワイン

イタリア、フランスについでワインの生産量が多いのがスペインワインです。『スペインワイン』と聞くとお手軽で安いワイン=美味しくない、と思っている人もいるのですがスペインワインでオススメなのはカバと呼ばれるスパークリングワインです。ワインの生産と消費が活発な国ですから、良いワインを低価格で飲むことができますよ。

日本のワイン

日本のワイン

他の国に比べて、ワインの歴史が浅い日本ですが近年は良質のワインもたくさん作られています。世界的なコンクールで受賞しているワインもあるんですよ。価格もお手頃価格からちょっと高価なワインまで幅広くあります。

アメリカワイン

アメリカワイン

アメリカで作られているワインのうち90%以上がカリフォルニアで生産されています。そのため、アメリカワインというよりもカリフォルニアワインといった方がわかりやすいかもしれません。

ページトップへ戻る

酒SAMURAI