ロゼワイン

赤ワイン、白ワインとともに良く知られているのがロゼワインです。名前はよく聞くけれど、ワイン初心者にとってはあまり飲む機会がないかもしれませんね。最初は、赤ワイン、白ワインのどちらかから飲み始めることが多いですしね。そろそろ赤ワインも白ワインもわかってきたというあなた、次はロゼワインを楽しんでみませんか?

モスカート・ローザ(Moscato Rosa) 2002(375ml)ロゼワイン-甘口

赤いマスカットから作られたロゼワインです。濃いめのロゼなんです。マスカットの香りと酸味のバランスが良いのが特徴です。デザートと一緒に飲むと美味しいですよ♪

【ふらのワイン】ラベンダーラベルロゼ 720ml 中口

北海道富良野で作られたロゼワインです。富良野はラベンダーでも有名ですよね。このロゼワインは、ラベルにラベンダーが描かれているんです!お手頃な価格なのでデイリーワインとしてオススメです♪

ラ ロゼ ド モンブスケ2004

鮮やかなピンク色をしたフランス産のロゼワインです。風味豊かなワインですし、テーブルを華やかにしてくれる1本です。デイリーワインとしてはもちろん、ホームパーティーなどにもオススメできるワインです。

ピンク・キッス ロゼ[2005]オピッツ

オーストリアのロゼワインです。ラベルも魅惑的でインパクトがありますよね。フルーティーなロゼワインなので食前酒としてぴったりです。値段もお手頃なのでデイリーワインとしても楽しめます。

【梅ワイン】紀州南高梅使用梅ワイン(ロゼ) 720ml×2本 ビン入り

ちょっと珍しい梅のワインです。しかもロゼ!日本で作られた梅のワインですから、普段はあまりワインを飲まない世代の人にも飲みやすいですよ♪ギフトにオススメです。

アペリフレ イタリアーノ

ハーブやにんにくなどのフレーバーがクリームチーズの上にトッピングされていて、まさにイタリアのチーズです!そのまま食べるだけでなく、カナッペにしたりスライストマトの上に乗せたりとアレンジも楽しめます。

ロゼワインの特徴

ほんのりとピンクに色づいたワインをロゼワインといいます。ロゼとは、フランス語で『バラ色』という意味です。日本人にすればバラ色は赤というイメージがありますが、フランス人がいうバラ色とはピンク色を指すのです。ロゼワインは、その名の通りピンク色をしたワインのことです。赤ワインと白ワインの中間色をしているロゼワインの味は、白ワインに近い味をしていながら、赤ワインの渋味をも持つワインなのです。

ロゼワインの製造方法

ロゼワインは、赤ワインと白ワインを混ぜて造ったものだと思っている人がいますが、それは違いますよ。シャンパーニュ地方でのみ認められていますが、それ以外の地域では法律で禁止されています。ロゼワインの製造方法は主に3種類あります。

赤ワイン方式

赤ワイン用のぶどうである黒ぶどうや赤ぶどうを使って、ロゼワインを醸造する方法です。果皮・種などぶどうを丸ごと使います。途中までは赤ワインを造る方法と同じなのですが、発酵が始まる頃になると、ジュースがほんのりピンク色になったところで、果皮・種とジュースを分離します。そしてジュースだけを白ワインの方式で発酵させるのです。この方法で醸造されるロゼワインが最も上質といわれています。

白ワイン方式

赤ワイン用の黒ぶどうや赤ぶどうを使って、白ワインの方法で醸造する方法です。黒ぶどうの果汁だけを使いますが、果汁そのものが薄いピンク色をしています。それを白ワインの方法で醸造するとロゼワインが完成するのです。

混醸方式

白ワインを醸造するときに、白ぶどうに黒ぶどうを混ぜて醸造する方法です。赤ワインと白ワインを混ぜるのではく、原料であるぶどうと混ぜて白ワインの方式で醸造します。そうすると、淡いピンク色のロゼワインが完成するのです。

ロゼワインの美味しい飲み方

肉料理なら赤ワイン、魚料理なら白ワインといわれていますが、それではロゼワインにはどんな料理が合うのでしょうか。

ロゼワインに合う料理

ロゼワインは、白ワインに近いさっぱりとした味と赤ワインの渋味をあわせ持つワインです。つまり、ロゼワインはどんな料理にでも合います。といっても、ロゼワインも醸造方法によって赤ワインに近い味のものや、白ワインに近い味のものなどさまざまです。色が濃いほど赤ワインの風味に近くなります。ロゼワインはどんな料理にも合いますが、より一層美味しく飲みたいときは、濃い色のロゼワインは肉料理メインのとき、薄い色のロゼワインは魚料理メインのとき、と状況に合わせて選んでくださいね。また、ロゼワインは色のイメージと違い、辛口が多いのでよく冷やしてから飲むことをオススメします。

オススメグッズはこちら!ワイングッズ

ページトップへ戻る