スパークリングワイン

いつものワインでもいいけれど、ちょっと特別な気分のときに飲みたいのがスパークリングワインです。『ワインが苦手』という人もスパークリングワインなら比較的飲みやすいのではないでしょうか。スパークリングワインも他のワインと同じように種類が豊富です。あなたに合ったスパークリングワインを探してみてくださいね。

天使のアスティ・スプマンテ 750ml

イタリアのスパークリングワインです。甘口ですがさっぱりとした味わいが人気です。ラベルも天使のマークが可愛く描かれているので、女性にも人気があるんですよ。

スパークリングワインセット≪白&ロゼ≫ ギフト箱入り

スペイン産のスパークリングワインカバです。ギフト用としてはもちろん、あなた自身へのご褒美や特別な日にも飲んでもらいたいのが、このスパークリングワインです。

モエ・エ・シャンドン・ブリュット・ロゼ

シャンパンの中でも有名なモエ・エ・シャンドンは辛口ですっきりとした飲み心地です。スモークサーモンなどもよく合い、パーティーシーンに是非用意しておきたい1本ですね。

ラングロワ・シャトー・ラングロワ・ヴァンムスー・キュヴェ・カルマン

赤いスパークリングワインは見かけるようになりましたが、甘口が多いですよね。このワインは辛口の赤スパークリングワインということで注目を集めています。すっきりとした味わいが大人気ですよ。

ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット2003年

ドン・ペリニヨンをしのぐほどといわれているのが、このスペイン産のスパークリングワイン『カバ』です。お手頃な価格ですが、とても美味しいですよ。ちょっとしたパーティーにもぴったりです。

カマンベール AOC

普段食べなれているカマンベールとは違い、中は濃厚でなめらか外側は塩味が効いています。カマンベールには赤ワイン、と思い込んでいる人も多いのですが、意外とスパークリングワインともよく合うんですよ。

ブリア・サヴァラン1/4カット約110g

とてもクリーミーで脂肪分は高めなのですが、程よい酸味と塩気がさっぱりとした味わいにしてくれます。スパークリングワインの泡でこのチーズが口の中でとろけてしまいます。是非一度試してみてください!!

スパークリングワインの特徴と種類

スパークリングワインは発砲ワインとも言われ、日本ではシャンパンといわれることもありますよね。スパークリングワインは、炭酸ガスを含んだワインのことをいいます。ワインの中に炭酸ガスが溶けた状態で瓶詰めされるので、栓をあけたときに発砲します。スパークリングワインの中ではシャンパンが一番よく知られていますが、シャンパン以外にも美味しいスパークリングワインが数多くあります。

シャンパン

フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのみに名づけられます。正式名称は『シャンパーニュ』といいます。原料となるぶどうの品種や製法まで細かく決められています。それら全ての条件をクリアして製造されたものだけが『シャンパン』となるのです。高級シャンパンの『ドンペリ』ことドン・ペリニヨンもシャンパーニュ地方で作られているシャンパンです。

ヴァン・ムスー

シャンパーニュ地方以外で作られたフランス産のスパークリングワインの総称です。また、ヴァン・ムスーの中でも上質のワインをクレマンと呼びます。クレマン・ド・ブルゴーニュやクレマン・ダルザスなどがあります。これらはシャンパーニュと同じくらい上質のスパークリングワインといってもよいでしょう。

カバ

スペインで造られるスパークリングワインのうち、シャンパーニュ地方と同じ製法で製造されるものをカバといいます。手頃な価格でさっぱりとした味が人気のスパークリングワインです。それ以外のスペイン産のスパークリングワインはエスプモーソと呼ばれています。

ゼクト

ドイツで製造されるスパークリングワインの中で、一定基準を合格したものの名称です。それ以外のスパークリングワインの総称はシャウムヴァインといいます。さっぱりとした味が人気です。

スプマンテ

イタリア産のスパークリングワインの総称です。マスカットの味が人気のアスティでよく知られていますね。スプマンテよりも炭酸が少ないタイプをフリザンテといいます。

スパークリングワインの美味しい飲み方

スパークリングワインは、食事とともに楽しむこともできますが、多くは食前酒として楽しみます。あの炭酸のシュワシュワ感がこれから出てくる料理の食欲をかきたててくれます。スパークリングワインを美味しく飲みたいなら、しっかりと冷やしましょう。冷やしてこそスパークリングワインの美味しさが引き立つのです。シャンパンの適温は6〜8℃、その他のスパークリングワインは4〜6℃に冷やして飲んでくださいね。これ以上の温度で飲んでもあまり美味しいと感じないかもしれません。冷蔵庫で冷やすよりも氷水につけてキンキンに冷やしたほうが美味しいですよ♪また、十分に冷えていないと、栓を開けたときに噴出してしまうことがあるので注意してください。

オススメグラス

スパークリングワインを飲むときのグラスは、主に3種類の形があります。

オススメグッズはこちら!ワイングッズ

クープ型
古くから使われている形のグラスです。パーティーの乾杯用として使われることが多いので、知っている人も多いでしょう。
フルート型
細長い形のグラスで、19世紀頃から試用されるようになりました。スパークリングワインの立ち上がる泡をじっくり見ることができます。
チューリップ型
フルート型よりも口部分が広くなっているので、香りも泡も両方を楽しむことができるようになっています。近年、良く見かけるようになりました。

オススメグッズはこちら!ワイングッズ

ページトップへ戻る